岩手県アンテナショップ | Natural Essay ナチュラル・エッセイ

四季に合わせて、さまざまな表情をみせる岩手県の大自然。 その恵みを受けた岩手の人々がお届けする『いいもの』を 岩手県一戸町の商品を中心に取り扱っております。


4年目の「復興支援・一戸産直夕市 元町レ・アール」

雨の中でも大盛況!
恒例となった「復興支援・一戸産直夕市」が7/5(日)元町厳島神社境内で開催されました。
 
この日は朝から雨模様でしたが、開始時間前から多くの方々が鳥居前に行列を作りました。
みなさんの気持ちが通じたのか、開始直前に雨が上がり、終了まで何とかお天気は持ちこたえました。
開始前の行列
盛況ぶりに入場制限も
スタート時間前より、会場となった厳島神社の鳥居前には大勢のお客様が行列を成しました。
昨年は一度にご入場いただいたため、買い物カゴが不足するなどの事態になったことから、今年は3度に分けてご入場。
 
岩手県一戸町から届いたレタス、キャベツ、大根、トマト、きゅうりなどはどれも新鮮。手作りのふきの塩漬けや、ばっけ(ふきのとう)味噌なども販売されました。
どれもお財布にうれしい価格で、みなさん大喜びでした。
野菜を作る農家さんのお話しも
今回は、野菜を作る農家さん、産直の方も会場に訪れ、販売をしながら野菜の食べ方などを教えてくださいました。
実は今年の岩手は梅雨に入っても雨が少なく、販売のために訪れた産直農家の方たちも出荷に間に合うか心配だったそうです。
やっと先週末にまとまった雨が降り、伸び悩んでいた野菜たちが「待ってました!」とばかりにグンと成長したのだとか。
「ホントに野菜は正直なんだよ~」という言葉に、自然の恵みをいただけるありがたさを再認識しました。
30分で完売!
お客様は開始前から並ぶのには意味があります。
16時からスタートした夕市は30分程で完売するためです。
 
初めて訪れてみたという方の「え~!こんなに早く売切れるんですか?」という驚きの言葉に、「ごめんね。次回はもっといっぱい持ってくるからね」と農家さん。
作り手さんとお客様のこんなやりとりも、産直ならではですね。
次回開催は8月9日!
次回は、8月9日(日)16:00~元町厳島神社境内で開催されます。
時期的に、トマトや、昨年大人気だった甘~いとうもろこしなどの夏野菜も届くとか...。
 
そして、10月17日~18日に開催される、第15回フードフェアでは産直夜市が開催されます。
開始時間よりも少し前のご来場をオススメします。
お楽しみに!

くわしくはこちら
元町クラフトマンシップ・ストリート「復興支援・一戸産直夕市 元町レ・アール開催のおしらせ」
高原レタス

夏の定番人気!シャキシャキの高原レタス

甘くてジューシー佐藤錦

今回の人気No.1!甘くてジューシーな「佐藤錦」

綺麗な色が目を引くりんどう

今年もりんどうが目をひきました

おしらせ

RSS

店舗情報

地図をクリックすると拡大します

〒231-0861 横浜市中区元町5-209
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日
*月曜日が祝祭日に当たるときは翌日

facebook
https://www.facebook.com/naturalessay
買うなら岩手のもの運動

『買うなら岩手のもの』 買って、食べて、地域を元気に応援キャンペーン